このページの先頭です
ここから本文です

涼しく心地よい、日本の夏素材。

日本の夏に涼しさを届けてきた2つの伝統素材、「高島ちぢみ」と「播州織」。
通気性がよく、汗をかいても肌に張り付きにくい独特の凹凸がある素材は、蒸し暑く汗ばむ気候に最適です。

長年愛されてきたこの2つの素材に、粋にアレンジした和の柄をのせてあたらしい夏のふだん着をつくりました。

  • 日本の伝統を日常に。 柄あそび 高島ちぢみ
  • 日本の伝統を日常に。 柄あそび 播州織しわジャガード

特集ページ

  • 特集:日本一寒い町で認められた暖かさ
  • 特集:高島ちぢみ
  • 特集:「柄見立て」を染める
  • 特集:空気を編み込む

贈答品について

日本の着心地、贈ります。

くわしくはこちら

シリーズ一覧

秋冬商品

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2018AW)
◯つづく発熱性。「熱ちから」(2018AW)
◯至高のやわらかさ「温つつみ」(2018AW)
◯日本の柄を纏う「腹巻き」(2018AW)

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2017AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2017AW)
◯至高のやわらかさ「温つつみ」(2017AW)
◯日本の柄を纏う「腹巻き」(2017AW)

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2016AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2016AW)

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2015AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2015AW)

春夏商品

◯日本の文化を日常に。「柄あそび」(2017SS)
◯伝統を楽しむ普段着「鏡おり」(2017SS)

◯日本の文化を日常に。「柄見立て」(2016SS)
◯木綿道中「染めくらべ」(2016SS)

◯日本の文化を日常に。「柄見立て」(2015SS)
◯背中を風が吹き抜ける。「涼あわせ」(2015SS)