このページの先頭です
ここから本文です

日本の冬には、日本の肌着。

日本の冬には、日本の暮らしにあわせて考えられた日本製の肌着が最適です。

また、ひとくちに機能性インナーといっても、デスクワーク、屋外での活動時、自宅でのんびりで過ごす日…
欲しいあたたかさや着心地は、着る人によってさまざま。

そこで粋肌着では、あたたかさや着心地の異なる3種類のインナー、そして腹巻を揃えました。

気温や生活シーンにあわせて、お好みの着心地をお選びください。

粋肌着の秋冬商品

  • 特集:日本一寒い町で認められた暖かさ
  • 特集:高島ちぢみ
  • 特集:「柄見立て」を染める
  • 特集:空気を編み込む

贈答品について

日本の着心地、贈ります。

くわしくはこちら

シリーズ一覧

秋冬商品

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2017AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2017AW)
◯至高のやわらかさ「温つつみ」(2017AW)
◯日本の柄を纏う「腹巻き」(2017AW)

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2016AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2016AW)

◯1枚で、3倍暖かい。「暖かさね」(2015AW)
◯つづく発熱性。「熱あわせ」(2015AW)

春夏商品

◯日本の文化を日常に。「柄見立て」(2016SS)
◯木綿道中「染めくらべ」(2016SS)

◯日本の文化を日常に。「柄見立て」(2015SS)
◯背中を風が吹き抜ける。「涼あわせ」(2015SS)