このページの先頭です
ここから本文です

柄あそび

人々の願いや想いがこめられた伝統柄に、「今」のエッセンスをひとさじ加えた新しくも懐かしいデザイン。
そして素材は、さらりとした肌触りが特徴の滋賀の「高島縮(クレープ素材)」。
染めは大正時代から続く京都の染色工場で。
日本の夏を快適にする、日本の技と文化から生まれたリラックスウェアのシリーズです。
~高島ちぢみ~

高島ちぢみイメージ

滋賀県高島市で江戸時代に生まれた「高島縮(たかしまちぢみ)」。綿100%で吸汗性が高く、独特の細かいしぼ(凹凸)があるため肌に張り付きにくい「高島縮」は、蒸し暑い日本の夏をここちよく過ごすための素材として長い間重宝されてきました。
「粋肌着・柄あそび」の生地は、この「高島縮」の伝統技術を今も受け継ぐ「高島晒協業組合」で生産しています。

特集:高島ちぢみ

商品一覧

  • 青海波 seigaiha

    青海波 seigaiha

    絶えることなく続く波の動きを描いた「青海波」。海がもたらす恵みを思わせる吉祥文様として人気の高いこの柄に波しぶきをちりばめ、これまでにない躍動感を生み出しました。

    商品をくわしく見る

  • 算木崩し sangi kuzushi

    算木崩し sangi kuzushi

    「算木」とは、日本で独自の発展を遂げた数学「和算」で使われた、長い棒を並べて数字を表す中国発祥の計算用具。この「算木」をモチーフにした伝統柄の「算木崩し」を、リズミカルにアレンジしました。

    商品をくわしく見る

  • 市松 ichimatsu

    市松 ichimatsu

    江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が身につけたことからその名がついた「市松」。本来は2色で構成されるシンプルな格子柄を、にじませ、重ね合わせることで新しい表情を引き出しました。

    商品をくわしく見る

  • 麻の葉 asa no ha

    麻の葉 asa no ha

    仏像の装飾にも使われていた麻の葉模様。魔除けの意味があること、そして麻の成長の早さから、子どもの成長と健康を願う柄として親しまれてきました。この六角形の幾何学文様に動きをつけ、繊細な印象に仕上げました。

    商品をくわしく見る

  • 竹縞 take shima

    竹縞 take shima

    竹を模した縞模様「竹縞」。その折れにくさから忍耐力、精神力の強さを表し、縁起物でもある竹。そんな竹を、みずみずしい若竹から凛とした青竹まで、グラデーションで表現しました。

    商品をくわしく見る

  • 家紋 kamon

    家紋 kamon

    家屋から着物、提灯や漆器など様々なものにあしらわれてきた家紋。家紋は、家系や家柄を表すだけでなく、様々な願いや決意も込められています。ドット柄に隠れた家紋は◯種類。ぜひ探してみてください。

    商品をくわしく見る

このページのトップへ戻る