このページの先頭です
ここから本文です

腹巻き

日本生まれの粋な腹巻き。

  • 日本のデザイン

    肌身離さず御守り感覚で身につける腹巻き。
    日本のお守りをイメージしたデザインです。
    腹巻画像
  • 日本の技

    希少な高精細ジャガード編機と職人の技で、繊細な柄をきれいに表現しました。脇の縫い目もないため、肌あたりも優しく、着心地も快適です。柄のつなぎ目をなくし、柄の魅力を最大限に引き出しました。
  • 日本の色

    「黒橡(くろつるばみ)」
    橡(どんぐり)の実を砕いて煎じ、鉄媒染で発色させた黒に近い灰色。
    紫や青みを感じさせるこの色は、高貴な人の衣服に用いられていました。

    「勝色(かついろ)」
    藍を深く染み込ませるために布を搗つ(かつ=叩く、つく)ことからその名がついた、暗い藍色。鎌倉時代になると「勝」の字をあて、武士たちが縁起物として身につけました。

    「卯の花」
    ウツギの花の別名。花が雪のように白いため、古来より「白さ」を表す形容詞として用いられてきました。またこの花に似ていることから、おからを卯の花とも呼びます。
photo

商品をくわしく見る


このページのトップへ戻る