このページの先頭です
ここから本文です

「柄見立て」を染める

文化と技術が可能にした、新しい表現。
粋肌着の「柄見立て」は、歴史と伝統に培われた染めの産地「京都」で染められています。
大正時代から続くその染色工場は、着物の寸分狂わぬ「型染め」で鍛えられ磨かれてきた技術を
大切に受け継いで今日に至っています。

現在は機械を使って染めていますが、緻密に「型を合わせる」という根本的技術は昔から変わっていません。
同じ機械を使っても、熟練の職人の高い技術がないと「柄見立て」を染めることは不可能なのです。

「柄見立て」で使用している「高島ちぢみ」は、
独特のしぼ(凸凹)がある上に、にじみやすい素材だから
染めるとなると、非常に難易度の高い染め技術が要求されます。

凸凹で色がにじむキャンバスに、緻密な水彩画を描くようなもの。

1㎜単位と言われる繊細な染料プリントを可能にする工場は、世界でも希少な存在ではないでしょうか。
日本の伝統文化と、日本の技術が可能にした、美しい「型染め」由来のプリントの「柄見立て」。

ぜひ 着て、見て お楽しみください

このページのトップへ戻る